Aska information

menu

アスカ体験レポート

美容ライター 白石

みなさんがこれをお読みの時季がいつかはわかりませんが、

この文章を書いている私は、絶賛、食欲の秋真っ盛りです。

秋といえば、さんまや果物、そしてキノコが旬を迎えますね。

うちの実家の祖父が、かつて農家を営んでいまして、その名残で、

父が原木椎茸の栽培をしています。だから、キノコの中でもしいたけにはちょっとウルサイ私(笑)

そんな私への挑戦状なのか(←うそです)、アスカから『なちゅれクック 干ししいたけ』が発売されました。

どれどれ? お味はどうかな?


まずは届いて衝撃でした。「こんな肉厚見たことがない!!」

そして味と香りは、やさしいのにしっかりしてる。戻し汁の香りも市販品のように「?」と

いうものではなく、本当に香ばしいじゃないですか…。これは良い出汁になりそうです。

正直、案外お求めやすい価格だったので、「まぁよくある乾燥しいたけだろう…」と高をくくっていましたが、

とんでもない!! こんなに高品質なしいたけ、実家でも食べられません。

しいたけ好きはもちろん、苦手という方にも、ぜひ一度チャレンジしてほしいです。

しいたけ大好きの私が、歴代ナンバーワンと太鼓判をおします。

では今回、『なちゅれクック 干ししいたけ』を使って、私が頑張ったレシピをご紹介します。

▼材料

なちゅれクック 干ししいたけ  戻したものを4~5個

厚揚げ 適量

にんじん 1本

さやえんどう 5~7本程

しいたけの戻し汁(出汁)  500~600cc

酒 大さじ2

みりん  大さじ2

砂糖 大さじ1

しょうゆ  大さじ2

しいたけを戻す際、オススメの「技」があります。

冷蔵庫に入れて、冷水で一昼夜、10時間ほどの時間をかけて戻しましょう。

前の晩に仕込んでおくのがオススメですよ。

▼作り方

(1)皮を剥いたにんじんを乱切りにする。やわらかくなるまで下茹でをしましょう。

(2)厚揚げを食べやすい大きさに切って、お湯をかけながら油抜きをします。

(3)食感を良くするために、さやえんどうのスジをとります。

(4)なべの中に、戻し汁(出汁)、酒、みりん、砂糖、しょうゆを入れて軽く煮立ったら、
  戻したしいたけ、にんじん、厚揚げを入れて落し蓋をして8~10分ほど弱火で煮ます。

(5)さやえんどうをなべに入れ、さらに3分ほど煮ましょう。
  たったのこれだけで「原木しいたけの煮物」完成です!

簡単なのに「料理ができます感」たっぷりのレシピ。しかも美味しい!

旦那様や恋人に、自慢の一品になること間違いなしです。

さぁ、これから寒くなっていきます。しいたけは免疫力を上げてくれる働きもあるので、

体を守るためにも、秋~冬はたくさん召し上がってくださいね。

 

注:商品のレビューはお客様、美容ライターの個人の感想です。

>>>ご購入はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー