Aska information

menu

アスカ体験レポート

 千葉県 ちゃとらん様

アスカのドライフルーツパウンドケーキを焼いてみました。

 写真は少し小さ目のパウンドケーキ型(5×10)で、

3個写っていますが、通常サイズのパウンドケーキ型だと、1個分です。

何度も作って失敗のない、家族に評判のいい作り方です。

ご紹介しますね。

 

(材料)

ドライフルーツミックス  大さじ4

ラム酒          大さじ1 (なくても可)

たまご          2個

砂糖           80g

バター          100g

薄力粉          100g

ベーキングパウダー    小さじ1

 

1、ドライフルーツミックスは、ラム酒に30分ほど漬けておきます。

2、バターは、常温で柔らかくしておきます。

3、ボウルにバターと砂糖を入れて、泡だて器で、白くなるまでよく混ぜます。

  割りほぐした卵を、少しずつ入れて、よく混ぜます。

4、薄力粉とベーキングパウダーを一緒にふるい、3のボウルに入れます。

  ヘラで、粉っぽくなくなるまで混ぜます。

5、1のドライフルーツをラム酒ごと入れます。軽く混ぜいれます。

6、パウンド型の内側に、バターを塗ります。生地を流し入れます。

7、170度に熱したオーブンで20分、余熱10分で焼きます。(5×10サイズの場合)

  通常のサイズの場合は、30分+余熱。

  (オーブンによるので様子を見て調整してください)

 

出来上がり。ドライフルーツが甘酸っぱいケーキが簡単にできますので、是非お試しください。

 

なお余談ですが、ベーキングパウダーのこと。

一般的なものの中にはアルミニウムが入っているものもあります。

えーって思うでしょうが、ほんとです。

脳にたまって認知症の原因の一つかも?

との疑いのあるものがアルミニウムなので、脳にたまって認知症の原因の一つかも?

との疑いのあるものがアルミニウムなので、あまり食べたくないですよね。

 

私もびっくりしたので、アルミニウムフリーと記載のある、

アルミニウムなしのベーキングパウダーを購入しています。

自然派食品の店や、ちょっと高級めの百貨店や製菓材料専門店だと手に入りますよ。

 

一般的なお菓子はそこまで、

他人のからだに気をつかってくれているとは思えないので、

やはり手作りが必要だとよく思います。

 

小麦粉の問題もそうですよね。

輸入小麦粉の遺伝子組み換えの問題や、

ポストハーベストも気になるので、国産小麦粉を買うことにしています。

だから、このパウンドケーキは、そういうこだわりの品なのです。

 

ドライフルーツの話。

製菓用のドライフルーツを他で買っていましたが、

添加物が恐ろしく入っているのに気が付きました。残念。

でも、アスカさんの「美食果実 有機ドライフルーツミックス」は無添加な上、有機栽培というこだわり。

こういう安全な、ドライフルーツはなかなか見つかりません。

 

孫のために手作りお菓子を作っているので、安全性はとても大切です。

こちらの、「有機ドライフルーツミックス」は、とてもお勧めです。

 

注:商品のレビューはお客様、美容ライターの個人の感想です。

>>>ご購入はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー