Aska information

menu

アスカ体験レポート

「美味しい上に、健康やダイエット、美容にも◎!」

美容ライター 白石

 

以前はスキンケア(化粧品)のレポートでしたが、今回は「食」。

実は私、5年くらい前に十六宝穀米を食べてから、アスカの食品も大好き!

お金に余裕があるわけではないので、「毎日」はなかなか難しいけれど、

できるだけ、体にも良いし、味にもこだわっているアスカの食品を使うようにしてるんですよ。

早速、今回レポートするのは、『なちゅれクック 玄米粉ハヤシライスルゥ』です。

普段は固形ルゥを使うことが多いので、フレークタイプは初体験。

うまく作れるか心配だったんですが、溶けやすくて、とっても簡単でした!

味のレポートの前に、「これは凄いな!」と関心したことは、小麦粉を使っていないってこと。

最近は小麦粉アレルギーの人が多いみたいで、私の友人の子どもさんも大変だそうです。

子どもって、カレーとかハヤシライスが大好きなのに、かわいそう…、と思っていましたが、

これなら安心!早速教えてあげたら、大喜びしてました。(いいことできました♪)

アレルギーだけじゃなく、ダイエットや健康、

そしてお肌のことを考えても、小麦粉よりも断然、玄米粉のほうが嬉しいですね。さすがアスカです。

さらに牛脂や豚脂のような動物精油脂も入っていないんですって。

植物性油脂だから、コレステロール値が高い方にもオススメです。

まだまだあります。なんとアセスルファムKなどの合成甘味料や、カラメル色素などの合成着色料、

合成の増粘剤も一切使われていないそうです。パッケージに書かれてある成分を見ても

トマト、パプリカ、リンゴなどの野菜や果物の旨味がたっぷり!

でもちょっと心配だったのが、化学調味料ゼロで、「美味しいのか?」ってことです。

では、私がつくったレシピをご紹介します。

 

 

▼材料

なちゅれクック 玄米粉ハヤシライルゥ 1袋

牛薄切り肉(肩) 500g

たまねぎ(しっかり炒める) 2個

にんじん 1本

グリーンピース 適量

サラダ油 適量

水 700cc

 

ちょっとダイエット中だったので、じゃがいもは使わず、お肉を多目に使いました。

お水の量はお好みですが、私は「しゃばしゃば系」よりも、とろみがあるほうが好きなので、

ちょっと少な目です。

 

▼作り方

(1)なべに油を敷いて温まったら、たまねぎを入れて飴色になるまで炒めます。

(2)なべからたまねぎを一旦上げて、牛肉とにんじんを強火でサッと炒めます。

(3)たまねぎをなべに戻したら、水を入れて中火で10分間煮込みます。あくとりも忘れずに!

(4)一度火をとめて、『玄米粉ハヤシライスルゥ』を一袋、少しずつ溶きながら加えていきます。

  溶けやすいですが、いっぺんにザッと入れないほうが良いかも。味をみながら調整しましょう。

  入れ終えたら、さらにフタをして弱火で5~7分程度、とろみがつくまで煮込みましょう。

(5)いろどりに、グリーンピース(冷凍食品でもOK)を加えて、牛肉たっぷりハヤシの完成です。

お味はと言うと…

レトルトのハヤシライスとは大違い!濃厚で酸味や深みがあって、

なんだか老舗の洋食屋さんで食べるビーフシチューみたい。

ごはんとの相性も抜群です(ダイエット中なので白米は少なめに←笑)

奥深い大人の味でありながら、カレーのような辛味はないので、お子さまにもオススメ。

ああ、私に子どもが居たら、絶対に喜んでもらえるのに~~~~~。

今回は牛肉を多目に使用しましたが、次回はお肉の代わりにキノコ類を沢山使って、

再チャレンジしたいです。

 

注:商品のレビューはお客様、美容ライターの個人の感想です。

>>>ご購入はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー