Aska information

menu

アスカ体験レポート

このすっぱ味とピンク色こそ、本物の梅干の証なんです!

美容ライター 白石

梅干し大好き!バックの中には干し梅やカリカリ梅を常備しています。

そんな私が今回購入したのはアスカの『宝匠 極 有機小梅干 』です。

食べてみて「すっぱ!」というのが私の最初の印象でした。いつも食べている梅は

調味料の甘みがあったのですが、有機小梅干のすっぱ味には、ただただびっくり。

顔のパーツが全部中心に集まるくらい(笑)

あぁ~、こうやってコメントを書いてるだけで思い出してツバが溢れてきます(汗)

でも調べてみると、梅を塩漬けにして天日で干した「だけ」のものが、

本来の梅干なんですってね。つまり、「和歌山紀州産の有機梅」と「天然塩」だけで作られた

この有機小梅干こそが、本来の梅干だったんです。知らなかった!

たしかに、色も市販品の嘘みたいな朱色ではなく、やさしいピンク色。

添加物が入っていない証ですね。私がこれまで食べていたものが、

本当の梅干じゃなかったことに気付かされました。ありがとうアスカさん。

すっぱい味が得意な方は、ぜひそのまま味わってください。

あまり得意じゃない私の場合は、疲れたときや、胃がムカムカするとき、

食欲があまりないときに、

お味噌汁に入れたり、梅肉に鰹節とごま油を混ぜて、きゅうりにあえて、

アレンジしながら美味しく食べています♪

でも…、私が大好きなのは「焼酎割り」です。お酒好きなんですよ♪

毎日、夕飯時に1杯だけ、焼酎や日本酒を飲むのが最高の楽しみなんです。

梅干しのクエン酸は、胃や肝臓をやさしく守ってくれるので、

お酒が好きな方には嬉しいですよね!?

▼作り方

(1) 有機小梅干が合うのは、何と言っても「米焼酎のお湯割り」。

  お米と梅干の組合せが美味しくないはずはない!

(2)おすすめは九州産の米焼酎。辛口ではなく、飲みやすいものを選びましょう。

(3)レンジで30秒~1分ほど、種を取った有機小梅干をチンします。

  温めることでバリニンという成分が 増えるそうです。バリニンはダイエットに

  効果があるらしいので、なにかと気になるお酒好き女子には最高です!

(4)沸騰させたあとに5分ほど置いて少し冷ましたお湯と、米焼酎を

  6(酒):4(湯)で割ります。

  コップには先にお湯を入れること。これが美味しく飲むヒケツ。

(5)最後にチンした有機小梅干を入れて、お箸でゆっくりほぐしてあげれば完成です☆

 

「ビールやワイン、日本酒は太るから…」 「お酒は胃や肝臓に負担がかかる…」

「冬は寒くてなかなか寝付けない…」なんて心配をしている方には、

有機小梅干の米焼酎割りが断然おすすめですよ!

お酒が得意じゃない方は、お湯との割合を調整して、ぜひチャレンジしてみてください。

 

注:商品のレビューはお客様、美容ライターの個人の感想です。

>>>ご購入はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー