Aska information

menu

アスカ体験レポート

「冷やして飲むブランド茶で、免疫アップ☆」

美容ライター 白石

 

乾燥が強い今の時期は、お風呂上がり、眠る前、寝起きの水分補給が重要です。

なので私、ミネラルウォーターや、ペットボトルのお茶は必須☆

そんな飲料でさえも「美味しいのはもちろん、体や美容にも良いものを!」が

私の商品選びのポリシーです。

 

今回試してみて、ご紹介したいのはアスカの『極 有機煎茶』です。

パッケージに「度会茶(わたらいちゃ)」と書いてあったので調べてみると、

おいしくて有名なブランド茶「伊勢茶」の仲間でした。

深みもあるけれど、どちらかというとさっぱりした爽やかな飲みくちが特徴、だそうです。

その中でも、無農薬・有機栽培で育ったものが、この『極 有機煎茶』なんですって。

パッケージも高級感ありますね!贈答にも使えそう☆

 

さてさて寒い時季には温かい日本茶が良いのは、十分わかっているんですけれど、

今回はあえて「水出し・冷茶」をご紹介。なぜなら私、日本茶の苦味があまり得意じゃなくて(笑)

水出し冷茶にすると、お茶の苦味を抑えて、本来の甘味や風味を堪能できるんですよね♪

お茶の「甘味」を味わいたい方はぜひお試しください~~。

 

では早速作り方をご紹介しますね。

 

〈1〉まずは一番大切なポイントは【軟水をつかうこと】です。

  お茶がまろやかになって、ゴクゴク飲めますよ。

〈2〉専用のボトルがない人は、出汁パックやお茶パックが

  スーパーに売っているので、それを利用しましょう。

  水1リットルあたりに、10~15gの『極 有機煎茶』を入れてください。

〈3〉茶葉を入れたボトルに、適量の軟水を注ぎましょう。

〈4〉そのまま冷蔵庫に保管します。

   だいたい半日は保管したほうが良いかも。

   強制的に混ぜたり、お茶を抽出しようとすると、

   雑味が出るので、自然に抽出されるまでさわらないこと(これ絶対)

これで完成です~~!!

 

飲んでみると、ちょっと強めに香るお茶の風味。

なのに、苦味や渋味のない、さわやかな甘味にうっとり~(*^^*)

さすが、有機栽培のブランド茶ですね。味は抜群です。

お風呂上がりの乾いた体に、スーッと染み込みますよ♪

普段お茶を飲まないお子さんも喜びそう。

 

さて、ここからは最初にお話した私のポリシーである

「美味しいのはもちろん、体や美容にも良いものを!」の、

体と美容に嬉しいパワーの紹介なんですが…、

お茶の健康成分といったら「カテキン」ですよね。

 

カテキンは、殺菌パワーを秘めた注目の健康成分であり、実は「苦味」の元になっている成分。

でも、水出しの場合、お湯で出すよりもカテキンの量が少なくなるらしいです。

「じゃあ、水出し・冷茶にする必要ないじゃん!」って思うでしょ? あせらない、あせらない♪

 

水出しの場合、カテキンの量が少ない代わりに、甘味成分である

「テアニン」がたっぷり抽出されるんですって。

さらに、お湯出しではほとんど抽出されない「エピガロカテキン」という成分がたっぷり摂れます!

なんとこのエピガロカテキンには驚きの《免疫力アップパワー》があるんですって~~☆☆

知ってました?

 

冬のお風呂上がりには、

『極 有機煎茶』を水出した「冷茶」を美味しくゴクゴク飲んで、

風邪やインフルエンザから、元気を守れるってわけ。どうです? 水出し、やってみたくなりました?

ぜひオススメなので、セールの機会にゲットしてゴクゴク飲んでみてください。

 

注:商品のレビューはお客様、美容ライターの個人の感想です。

>>>ご購入はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー