Aska information

menu

アスカ体験レポート

福岡県 まりまり様

恥ずかしながらいうと、私は料理上手ではありません。

出汁をとるのもお浸しを作るのも独身時代(一人暮らしのくせに)一切やらず、

ほぼレパートリーのないまま結婚生活をスタートしました。

今でも得意ではありませんが、「絶対に失敗しない料理」を挙げろと言われたら、

そして夫から「明日人を連れてくる」と言われたら、真っ先にこの大豆を使って料理を作ります。

そのくらいコレ、超おすすめ!!

自慢することでもありませんが、乾燥大豆を買ったのも生まれて初めて。

化粧品を買うついでに「アスカの食べ物体によさそう。

安いし、賞味期限長いし」という理由で買った大豆です。

三重県産丸大豆「ふくゆたか」使用でもちろん遺伝子組み換えとは無縁。

よくわからないけど、きっとすごい、いいもの買えてよかった! 

と思い早速、この大豆とひじきでおいしい煮物を作ろうと思い立ちました。

大豆を一晩たっぷりの水につけて戻しておくと、翌朝にはこんな感じ。

とってもぷっくりしておいしそう! 

たまらず一粒口に入れると、穀物の味そのまま。

おおお、勿論まだおいしくないけど食べ応えある。

お鍋に移し、強火で加熱し、沸騰直前で弱火にしてコトコト20分程度煮る。

もちろん、その間はほかの家事をしてキッチンに立ちっぱなしではありません。

もう頃合いというときに火を止め、ザルにあげておきます。

 

さて、いよいよ調理スタート! 

この大豆にひじき、人参、玉ねぎ、椎茸、彩りにコーンも入れて、オリーブオイルでさっと炒めて火を通します。

そこに煮汁(水1カップ、いりこ粉末小さじ1、砂糖大さじ2、みりん、酒各大さじ1)をざっと入れてグツグツ煮る。

料理下手な人ほど作ってほしいくらい、簡単。

ほっとけばいいので煮物は楽です。

ちなみに、母親からのアドバイスでしょうゆは最後に大さじ3入れます(最初に入れると固くなるからだそう)。

15分ほど煮て、完成! 

醤油の香ばしい香りが鼻をつきます。

大豆をいただいてみると、味がしみておいしい!

そして、歯ごたえがしっかり残っている。

私は柔らかく煮るより固めが好きなのでぴったりなのですが、

まさに求めていた固さというくらいしっかりしてる。

こんなに食べ応えがあり、穀物の滋味が伝わってくる大豆はそうそうないと思います。

大豆の粒がものすごく綺麗で、栄養価の高さもうなずけます。

正直、この大豆を醤油味の煮ものにしたのはもったいなかったかも・・・。

水煮にして、そのまんまかぶりつきたいくらい味が濃いです。

 

さて、多めに作った翌日のおすすめレシピ。

炊き立てのごはんを酢飯にして、この大豆煮をよくまぜて、炒り卵をかけて完成。

酢の甘酸っぱさと、ごはんのホカホカさ、大豆の歯ごたえがたまらないマリアージュになります。

もちろんこれだけでは終わりません。

こんなおいしいもの家庭で食べるのはもったいない、

と言い訳を用意して翌日の夫のお弁当にも入れました。

だってたくさん作っておけば冷凍小分けにして食べる分だけレンジで温めてお弁当に入れられるので本当に便利。

夫いわく、大豆の甘みが何ともいえずおいしかったとのこと。

 

それにしても、大豆がここまで主役になれるんだなぁと驚きました。

この大豆を生かして今度はサラダか甘煮を作ろうと画策中。

レパートリーがもっと増えますように!

 

注:商品のレビューはお客様、美容ライターの個人の感想です。

>>>ご購入はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー