Aska information

menu

アスカ体験レポート

美容ライター 斎川 みき

新緑の季節のお楽しみ、

宝匠 極 有機初摘み煎茶が届きました♡

新芽の季節の柔らかい若芽だけを摘んだ、

特別なお茶なんです!!

一番茶とも言われ、最高級に位置する茶葉。

苦み渋みの成分カテキンやカフェインが少なく、

旨味と甘みの成分であるアミノ酸が多く含まれているのが特徴で

お茶の旬のものとして呼ばれているそうです。

 

茶葉は濃い綺麗なグリーンで、

封を切った瞬間、お茶の何とも言えない爽やかな香りが漂います。

とにかく香りが抜群です。

袋に顔をつっこんでずっとかいでいたい。

お茶ってこんなに良い香りなの?

と再認識してしまいます。

アロマにして炊きたいぐらい。

実際、茶葉をアロマにすることもあるみたいですね。

もちろん、もったいないのでやりませんけど。。。

 

温度管理をしながら、丁寧に淹れました。

甘みが特徴の茶葉は80度ぐらいのお湯でゆっくり淹れるのが

美味しくお茶を飲むための秘訣。

逆に苦いお茶を飲みたいならば、暑いお湯で淹れるのがいいんですけど、

高級茶葉は、香りと旨味が抜群なので

それを苦みで消してしまうのはもったいない。

絶対低めの温度で淹れることをおすすめします!!絶対!!!

苦いお茶は、安いのでいいんです!!

お茶請けのお餅と一緒にいただきました。

はぁ~~。癒されるぅ~~~♡

鼻に抜ける香りがもう最高です。

茶摘みの風景が浮かびます~

っていうのは大げさだけど、瑞々しい新鮮な香りがするんです。

フレッシュって言ったらいいのかしら。

昔お茶屋さんの前を通った時に、よくお茶を蒸してる香りがしてたんですけど

まさに、その時の香りを思い出しました。

出来たてって感じなのです!

お味も、びっくりするくらい甘い!

まあ実際は甘いってお砂糖が入ってるわけではないので

いわゆる甘いわけではないのですが、

お茶は苦いって概念を覆す旨味です。

ティーバッグに慣れてる知人にこのお茶出したらびっくりしてました。

めちゃくちゃ美味しい!と大絶賛。

普段は、急須でお茶を入れることもないみたいで、

お茶の魅力に気付いたよう。

でも、こんなに美味しいのはアスカさんだからなんですよ~♡

と付け加えることも忘れませんでしたよ♡

 

注:商品のレビューはお客様、美容ライターの個人の感想です。

>>>ご購入はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー