Aska information

menu

アスカ体験レポート

簡単ラクチン!昔ながらの甘い卵焼きがお手軽にできちゃう!

美容ライター 斎川 みき

ずいぶん前に卵かけご飯のタレが大流行したけど、

アスカさんに、「卵焼きのもと」なるものがありました!

卵焼は砂糖とお塩を混ぜてつくることしか考えてなくて

そのための調味料があるなんて知りませんでしたよ!

スーパーでも見かけた事がないかも。

 

アスカさんの「なちゅれクック 卵焼きのもと」は

「伝承麦醤しろたまり」なるものが使われているらしく、

これまた、初めて聞く調味料で興味しんしんです!!

しろたまり、なんて聞いた事もないので、ちょっと調べてみました!

 

原材料は小麦と食塩で出来ているらしく、

大豆が入っていないから醤油とは言えないんだそう。

だから、成分表示も「小麦醸造調味料」となっていました。

ずっと白醤油を作っている会社さんが、最高峰の白醤油を作りたくて

このしろたまりを作ったとのことなので、

これはもう、どんな味なのか期待が高まります♡

 

早速オーソドックスに卵焼きを作ってみる事に。

卵2個を割ほぐして、卵焼きのもとを大さじ1杯程を投入してしばらくまぜまぜ。

普通に、卵焼きフライパンで焼くだけです。

だしを入れてないのに、出し巻みたいにふんわりで、

ツヤツヤに仕上がりました♡

お味はちょっと、というか、かなり甘めですね。子供が大好きそうな味!

昔懐かしいおばあちゃんの甘い卵焼きを思い出します(^^)

甘いのが苦手な人は、卵焼きのもとの分量をちょっと減らして、

お醤油をちょびっと加えるといいかもしれません。

 

砂糖の甘みが結構強かったので、

しろたまりがいまいち分かりにくかったのがちょっと残念かな。。

しろたまり自体も食べてみたい気がします。

 

でも、味もおいしいんですけど、

なにより、すごくラクチンに卵焼きができるところが良い!!

普通の卵焼きは、なかなか砂糖・塩が溶けなくて、

かき混ぜに地味に時間がかかるんですよね。。

溶けきる前に焼いてしまって、甘いのと塩っぱいのが偏ったり。。。

そんな、地味なめんどくささが解消されるので

お弁当とか朝の忙しい時間なんかは、すごく重宝するかも。

これに慣れると普通の卵焼きがめんどくさくなるかもしれない(・・;)

 

そして、ちょっと試してみたかった、

卵かけごはんのタレとして使ってみました。

見た目まったく何もかかってないように見えますが、

しっかりかかってます!!

 

結論を言いますと。。

えと。。。。。。

このまま卵焼きのもとだけを使うのはオススメしません。

甘すぎて・・・・・ご飯に合わない。。。

久々に失敗しました。

あくまで、卵焼きに使うのがよろしいかと思います。

 

でも、お醤油を垂らして食べると、普通に卵に醤油より

味に深みが出て美味しいたまごかけご飯になりました!

もし、たまごかけにする場合は、お醤油も忘れずに(; ̄ー ̄A

 

注:商品のレビューはお客様、美容ライターの個人の感想です。

>>>ご購入はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー