Aska information

menu

アスカ体験レポート

なちゅれ 中華だし 「スープ、チャーハンいろいろ使える中華だし」

 千葉県 ニーナねこ様

 

アスカのなちゅれのシリーズのだしは、ほとんど全部持っています。

ないと、料理ができないほどです(笑)

 

反対に言うと、持っていれば何とかなっちゃう、魔法の粉のような存在です。

その中でも、「なちゅれ 中華だし」は、かなり使用頻度が高いです。

 %e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%81%ad%e3%81%93%e6%a7%98_%e3%81%aa%e3%81%a1%e3%82%85%e4%b8%ad%e8%8f%af%e3%81%a0%e3%81%97001

化学調味料入りの中華だしなら、どこのストアでも売っています。

もちろん、それでも美味しくはできます。

でも、人工的なわざとらしい旨みに感じます。

化学調味料慣れした人は、気が付かないかもしれませんね。

私は、天然のだしの期間が長いので、舌がナチュラルになっているせいか、化学調味料の旨みは、とんがってピリピリするように感じます。

強いので、せっかくの素材の味が分からないです。

家では使いませんが、外食をすると、時々感じます。

 

やっぱり、自分で料理を作らないと、、、

とその都度思います。

 

たまには台所仕事から解放されたいと思うのですが、調味料やその他の材料をこだわるために、自分で作ることがほとんどです。

 

アスカの調味料使用のナチュラルフードレストランでもあればいいのに、って本当に思います。

夢に出てきそう(爆)

 

「なちゅれ 中華だし」の原材料ですが、

 

デキストリン  , 乳糖  , 食塩  , 粉末醤油  , 酵母エキス  , オニオンパウダー  ,

粉末発酵調味料  , 白菜エキスパウダー  , 人参パウダー  ,

オイスターエキスパウダー  , 香辛料  , (原料の一部に乳、小麦、大豆を含む)

 

本当に天然のものばかりです。

特徴的なのは、オイスターエキスかな?

牡蠣のエキスがたっぷりなのだそうです。

 

アルミパックで小分けをされているので、使いやすいです。

しかも顆粒なので、すぐに溶けます。

なかなか優秀なだしです。

 

さて、こちらの「なちゅれ 中華だし」の使い方の例ですが、

中華スープのだしにすることが多いです。

 

わかめ、ねぎ、「なちゅれ 中華だし」、溶き卵、塩。

基本のわかめスープができます。

 

私が好きなのは、水餃子風スープです。

 %e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%81%ad%e3%81%93%e6%a7%98_%e3%81%aa%e3%81%a1%e3%82%85%e4%b8%ad%e8%8f%af%e3%81%a0%e3%81%97002

白菜、冷凍餃子、「なちゅれ 中華だし」、塩で、スープを作ります。

これが、かなり美味です。

 

これからの冬の季節に体も温まるしお勧めです。

 

あとチャーハンにもいいですね。

卵とねぎのチャーハンのようにベーシックなチャーハンの場合、中華だしが決め手になりますが、「なちゅれ 中華だし」を振りかければ、バシッと味が決まります。

 

塩気は薄目なので、塩で適当に調味して仕上げてください。

 

本当に、使える中華だしです。お勧めです。

 

 

注:商品のレビューはお客様、美容ライターの個人の感想です。

>>>ご購入はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー