Aska information

menu

アスカ体験レポート

極 黒毛和牛 こだわりの匠カレー 「年末年始に私の味方~黒毛和牛カレータワー」

                              千葉県 ニーナねこ様

これは、何のタワーでしょう?

アスカの「極 黒毛和牛 こだわりの匠カレー」が積みあがっています。

 

以前から、アスカのカレーは大好物でファンです。

レトルトなので、袋のまま温めるだけなのに、高級洋食店で食べるようなカレーがすぐに食べられます。

カレー専門店のカレーでなくて、百貨店の最上階の特別食堂で、銀の食器で出てくる感じの、カレーです

 

最近は、百貨店に特別食堂とかはないのかな?

昔のイメージですみません。

年が分かってしまいますね。

 

値段で言った方が分かりよいかしら?

ちょっと良いホテルで、3000円くらいのカレーと同じ感じの高級感です。

 

もしかしたら、もっとアスカの方が良いかも、、、

黒毛和牛の入り方がすごいのです。

3センチ角ほどの大きい黒毛和牛が、2個もゴロンと入っています。

しかもやわらかくて、口の中で、噛まなくても溶けるようなお肉です。

 

こんなに柔らかくなるまで煮込んでいるなんて、元の黒毛和牛の大きさはきっともっと大きいのだろうなぁって想像します。

以前、アスカのパンフレットか何かで、黒毛和牛は煮込んでいる最中に半分くらいは溶けて、カレーのスープになっていると、読んだことがあります。

 

だから、カレーの汁も、メチャ旨です。

美味しすぎて、頬が落ちそうという表現がぴったりのカレーです。

 

レトルトカレーというと、一般の安い物を思い出してしまいますが、全くの別物です。

たぶん、超高級ホテルのレストランで、アスカの「極 黒毛和牛 こだわりの匠カレー」をよそって出しても、お客様は納得するだろうって思います。

 

そのくらいの高級路線のカレーなので、お値段は妥当です。

妥当どころか、イチ押し価格だったら、安いかも!と思うようになりました。

ストアで、黒毛和牛を塊で買ったら、結構良いお値段がします。

自分で作っても材料費は結構になりそうな上、ここまで自宅で煮込むのは難しいです。

 

本当にこれは、私からもイチ押しのカレーです!

 

さてもうすぐ年末です。

日頃、家事に追われている私も少しはゆっくりしたい。

正月に主婦が少しは楽をするために、お節料理があるようですが、買うと何万円もする上、子どもはあまり喜ぶようなものは入っていません。

男性の方々のお酒のおつまみといったところですよね。

 

もちろんお雑煮は、作ります。(アスカさんにお餅も注文してます。年末に届く予定楽しみ)

お汁粉も作ります。(アスカさんの粒あんを使います。)

そして、

「極 黒毛和牛 こだわりの匠カレー」にも大活躍してもらう予定です。

 

これなら、家族は喜ぶはず。

お正月を、あまり台所に立たずに、乗り切るための秘策が写真の「黒毛和牛カレータワー」です。(爆)

私みたいに楽をしつつ、家族に喜ばれたい人にお勧めです。

 

注:商品のレビューはお客様、美容ライターの個人の感想です。

>>>ご購入はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー