Aska information

menu

アスカ体験レポート

【なちゅれ「炒め物の素」 使用】 風邪予防の青ネギをたっぷり使った炒め煮(ハーフ&ハーフ)

神奈川県 Agatha’s pumpkin様 

今回ご紹介するのは、【なちゅれ 炒め物の素】を使った炒め煮です。

【なちゅれ 炒め物の素】は、粉末味噌を使ったちょっとピリ辛味。

agathas-pumpkin%e6%a7%98_%e3%81%aa%e3%81%a1%e3%82%85%e7%82%92%e3%82%81%e7%89%a9001

含まれる唐辛子はもちろん国産で、島根県産を使用しているそうです。粉末野菜やガラスープパウダーもたっぷりなので、コクのあるおかずを簡単に作れますよ。

(アスカさんのオイスターソースを知っている方は、オイスターソースを粉末化してコショウを利かせた味、というと分かりやすいかなと思います。)

 

粉末ですが、野菜炒めなどにしっかり味を絡ませるためには、粉末をお湯で溶いて炒め煮にして、炒め物と煮物のハーフ&ハーフにすると、かなり便利に使えました。

 

野菜炒めに使うショウガやニンニクは、本来ならすりおろして使いますが、それが粉末ですべて入っているという点でも優れモノの【なちゅれ 炒め物の素】!

 

今回は風邪予防になる青ネギを、最初の香り出しで使ってみました。

それでは、作り方と一緒にご紹介していきますね。

 

【なちゅれ 炒め物の素】のこと

【なちゅれ】シリーズの“炒め物の素”は、原材料の1番はじめに粉末味噌の記載があり、ベースは味噌味になります。

さらに粉末野菜が入っていて、内容は玉ネギ、ニンニク、ショウガと充実。

 

そのほか、調味料として砂糖、ガラスープパウダー、粉末醤油チキンブイヨン、カレー粉、ブラックペッパーも。これに唐辛子の辛さがピリっと加わって、混ぜるだけで大人の味が完成します。

agathas-pumpin%e6%a7%98_%e3%81%aa%e3%81%a1%e3%82%85%e7%82%92%e3%82%81%e7%89%a9002

また、1袋20gの素(もと)が3袋入っているので大容量。

1回で1袋を使い切らなくても、十分に味付けができるのでコスパもとてもいいんです。

大家族の方は大助かりなのではないでしょうか。

 

 

材料(3人分)

【なちゅれ 炒め物の素】           10g(小袋の半量)

長ネギの葉                  お好みで(多目がおすすめです)

キャベツ                   2枚(200g)

ニンジン                   1/2本(100g) 1個

しめじ(キノコ類)              50g

【極】有機エクストラバージンオリーブオイル  適宜

【なちゅれ】養蜂家のはちみつ         お好みで[お子さん向け])

 

 

つくり方

フライパンに【極】有機エクストラバージンオリーブオイルを引いて、長ネギの葉(青ネギ)を炒めて香りを立たせます。

  ↓

ニンジン、しめじ、キャベツの順に炒めたら、【なちゅれ 炒め物の素】(小袋)の半量10gをお湯で溶いて具材と馴染ませます。

  ↓

【なちゅれ 炒め物の素】を粉のまま少しずつ混ぜると、本格的な味噌味の野菜炒めに。

お湯で溶いて使って炒め煮にすると、蒸し焼き風になりますよ。

agathas-pumpukin%e6%a7%98_%e3%81%aa%e3%81%a1%e3%82%85%e7%82%92%e3%82%81%e7%89%a9003

※唐辛子入りでちょっと辛めなので、お子さん向けには、お好みで【なちゅれ】養蜂家のはちみつを少し足すとまろやかに!

野菜の量も、お好みでアレンジしてみてくださいね。

 

最後に

今回使ったアスカさんの【なちゅれ 炒め物の素】は、煮物へ応用しても美味しいと思うほど、野菜パウダーのコクが活きています。

 

私は不器用なので【なちゅれ 炒め物の素】を粉で使うと、ちょっとダマにしてしまって、味が均一にならないこともあるので、お湯で溶いて使う方法を気に入っています。みなさんも良かったらお試ししてみてくださいね。

 

また【なちゅれ 炒め物の素】には、唐辛子だけでなく、ブラックペッパーが入って味が締まり、コショウは血流を促進させて体を温めてくれるので、これからの寒い季節も重宝しそうですね。

 

ゴーヤチャンプルーにしても美味しいそうなので、夏にはぜひゴーヤーと掛け合わせてみたいです!

 

注:商品のレビューはお客様、美容ライターの個人の感想です。

>>>ご購入はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー