Aska information

menu

アスカ体験レポート

ベリー系レッドでクールもキュートも♪

県 最近は眼鏡様

こんにちは。

今回はブルーバード アイシャドウ(パリュールシルバー/プロヴァンスレッド)を購入してみました。

 

ずっと気になっていたのです。

赤と白?!紅白?!日本伝統芸能を彷彿させます。

 

でも最近の情報誌のメイク特集のモデルさんはこのアイシャドウをよく使っていますよね。

それを見ると、赤というか、ピンク?でも素人の私にもこんなに上手に使えるのかしらん??

 

いろいろと考えてはみましたが、

一度気になったら気になってしょうがないタチなので購入を決意しました~

 

届きまして、実物を拝見しますとブルーバードのリップカラーと同じケースを使っているんですね。

商品ごとにケースを変えずにコストを抑えるところが、

私がいつもアスカに感心している部分なんですよね。

でも全く同じ見た目でややこしさもあるのは事実であります。

みなさんはシールを貼ったりしているんでしょうかね。

ミラー付きのパチンをしっかり閉まるケースなので、外出時も心配ナシです。

ラメ感のあるシルバーとベリー系のレッドといえばいいのでしょうか。

ラメ感といってもギラギラはしてないです。オトナのラメです。

 

レッドのほうはといいますと想像していた赤さではないです。

レッドとピンクの間くらいですかね。

ティッシュに塗ってみますと、

上段:太ブラシ
中段:細ブラシ
下段:付属のチップ

ブラシで付けると柔らかなイメージになります。

チップですとシャープな感じです。

まぶたに実際塗ってみますと…

ブラシでまぶたにちょんちょんとしたあとに指でぼかすと、

とてもかわいいピンクになりました。伸びもイイです。

 

ちなみにアスカのアイシャドウは少量でしっかり発色するので経済的(笑)♪

パレットにあるものとそのままの色がついてくれます。

前使っていた一般的なアイシャドウは塗っても色に違和感はあるわ、半日もすると取れてるわで…

とにかく、このアイシャドウは情報誌のモデルさんと同じような仕上がりになりました!

まさに、ベリー系ピンクです。

(あくまで私個人の感想ですが…)とてもかわいい色合いです。

こんなこんじを目指していたのであんしんしました。

チップでは、アイラインのようなかんじの使い方もいいのではないでしょうか。

チラッと赤いラインが見えると上級者ってかんじですね!

それにこのアイシャドウですと、季節を問わずに使えます。

薄く付けると夏でも軽い印象に仕上がりそうですし、しっかり付けると、寒い季節にしまったクールな雰囲気が合いそうです。

何色のアイシャドウでもそうですが、アイシャドウをすると、服の色とのバランスを考えるのも楽しくなりますよね。

リップの色も重要だとは思いますが、リップよりもアイシャドウの方が顔の雰囲気に影響が大きいと思います。

ここ2年ほどはきちんとしたお化粧はご無沙汰だったもので、最近は化粧に目覚めた思春期のように(笑)楽しんでいます。

お化粧の相乗パワーで、服選びも楽しくなり、毎日が楽しくなります♪

あと、塗ってみて思うのは粒子の細かさです。やさしい付け心地です。

加えまして、合成のもので作った化粧品は特に目の周りの色素沈着が心配です。

特にまぶたは皮膚が薄いので、気をつけたいところです。

お化粧をしても肌がドス黒かったらもったいないですね…

私は肌が弱く、小さい頃からアレルギー、特に痒みに悩まされてきました。

自分でシャンプーなどの肌に触れるものや食べ物を選んで買うようになってからは、

極力合成のものや化学調味料は避けるようにしました。

すると、痒みが抑えられてきたのです。

もちろん基礎化粧品はかれこれ10年以上はアスカさんにお世話になっています。

本当に、アスカしか使えないんですよ~

慢性的に顔に出るプツプツや体の痒みの苦しみはなった人にしかわかりません。

自分のこどもにもこんな思いはさせたくありません。

せめて自分の手を離れる前までは、肌に付けるものも食べるものも、あんしんできるものか、そうでないものなのか。

それを見極める重要さを伝えるのが現代の大人の使命だと思います。

 

注:商品のレビューはお客様、美容ライターの個人の感想です。

>>>ご購入はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー