Aska information

menu

アスカ体験レポート

「夏場のお肌のサビケアには絶対これ!」

福岡県 まりまり様

アスカ歴7年を数える私は、このブルーバードシリーズが大好き。

角質層のすみずみまでじっくり浸透する感覚はやみつきになるので、

TNシリーズと合わせて週2回ほど夜のスキンケアに使っています。

今の肌トラブルなしの状態も気に入っていますが、いよいよ夏本番。

べたつきにくいテクスチャーで、肌に潤いを与えてくれるものがあれば・・・

とさがしていたとき、南部社長いちおし! 

そしてブルーバード原液の中で人気ナンバーワンというこの商品を知りました。

アスカのラインでは少々高価なので迷いましたが、夏場のケアに加えてみようと購入。                                                                                                                                  

ボトルはとっても夏らしいブルーカラー。箱に入って届きます☆ 

TNMCステムセル原液に液体として存在できる極限まで

“フェニックス”を配合したとか・・・。

ちなみにフェニックスはアスカの独自原料だそうで、

要は年齢肌サインのトータルケアに向いている化粧品ということですね。

正直、難しい話はわかりません。

何より使えば自分の肌が判断することなので効能は目を通すだけにして

いつもの通り成分チェックです。

水(酸性電解水)、BG(植物デンプン)、フルボ酸(植物蓄積層等、

ペンチレングリコール(トウモロコシ等)、水素(水)、サンゴ末(サンゴ)、

エリンギウムマリチマムカルス培養液(エリンギウムマリチマム)、

エンドウペプチド(エンドウ)、クリスマムマリチマムカルス培養液(クリスマムマリチマム)、

ガリカバラ葉細胞エキス(ガリカバラ)などなど・・・。

やはりというかいつものことですが、余計なもののない天然成分のみの化粧品。

正直、石油成分の入った化粧品をつくるほうが何倍も楽だと思いますが、

一つの化粧品を生み出すここまでの企業努力ができるのがアスカだと思います。

 TNシリーズの化粧水をつけて肌を整えたあと、

手に取ってみます。まず、テクスチャーがサラサラでびっくり!!

これだけだとまるでTNシリーズのような、バシャバシャ使えるタイプです。

ハーブのにおいが鼻をつきますが、

ダマスクバラ花油(ダマスクローズ)が入っているからだと解釈しました。

そして、手のひらに広げて肌につけてみます。

すうーっとしみこんでいきました。

そうそう、この肌へのなじみやすさがブルーバードですよね。

本当はもっとドロッとしているはずなのに、アスカの技術でこのテクスチャー。

原液だといわれてもにわかには信じられないと思います。

そのくらい、サラッサラです。

私の場合速効性で判断したくないので、二週間使ってみました。

まず、浸透力が高い。

ハンドプレスすると肌にぐんぐん美容成分がすいこまれていくのがわかります。

これでクリームで蓋をすると、翌朝起きて肌の水分量が明らかに上がり、

ワントーン明るい印象になった気がします。

エイジングケア※と言われても、あまりピンとこないのですが

「ハリ、透明感、保湿」となると全ての女性が求めている美容液に対するパワーでしょう。

そして、何よりもこのパワーとテクスチャーは夏場のスキンケアの代表選手にしていいです。

シャワー後の汗をかいた肌、冷房の下くすみやすい肌にもうるおいを感じるようになると思います。

私は、日中に乾燥を感じることも少なくなりました。今後も使い続けるつもりです。

 ※年齢に応じた肌のケア

注:商品のレビューはお客様、美容ライターの個人の感想です。

>>>ご購入はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー