Aska information

menu

アスカ体験レポート

フツール天然良品 カルシウム 「中高年の女性にはカルシウム!必須ですね」

 千葉県 みみちゃんのmama

 

「いつまでも健康で若く。」

と思うので、サプリメントの広告を目にすると、

「これいいかも!」とついつい購入。

飲む量が増えています。

どれが自分に必要なのか、一度よく考えてセレクトしないと!って思っています。

 

それで外せないなぁって思うのは、カルシウムです。

 

特に女性は、中年以降女性ホルモンの低下にともなって、骨量が減ってくるそうです。

市主催の健康祭りでも、必ずといっていいほど骨量を簡易測定できるというコーナーがあり、人がたくさん並んでいます。

測定させてもらえるのは女性限定ということでした。女性が特に骨粗鬆症になりやすいからですね。

 

私は15年くらい前に測定してもらった時は、年齢の割にすごく良いですと太鼓判を押されました。

だから、安心していたのです。

 

でも周りのサークルの仲間がどんどん、骨折しただの、ねんざしたのと、休んだりやめていくので、やっぱり気をつけないといけないと思います。

 

NHKの健康番組で医師が言っていたこと。

・カルシウムを摂りましょう

・適当な運動をしましょう(歩くのが一番良い)

 

そんなに難しいことではないのですが、骨粗鬆症を取り上げた健康番組って最近多いですよね。

 

カルシウムって、どのくらい必要なのでしょうか?

厚生労働省が定めた1日に必要なカルシウムの量は30歳以上の人の場合、600㎎です。

ある製薬会社のデータによると、食事からとる女性の平均カルシウム摂取量は489mgだそうなので、600489=111mgほど不足をしているという事になります。

毎日不足しがちになっていき、骨がボロボロになっていくのも納得です。

 %e3%81%bf%e3%81%bf%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%81%aemama%e6%a7%98_f%ef%bd%b6%ef%be%99%ef%bd%bc%ef%bd%b3%ef%be%91001

アスカのカルシウムの錠剤は、一日に6錠です。

6錠に250mgのカルシウムが入っています。

 

489+250=737  

737-600=137 137㎎オーバーしますが、毎日消費しますし、

カルシウムの上限摂取量は成人で2500mgほどなので、137mgの摂取は決して過剰ではありません

 

アスカの「フツールカルシウム」の250㎎というのは、食事の他で補うという事で、平均的に必要とされている摂取量を考えてくれている量なのです。

 

サプリだけに頼らず、食事からカルシウムを摂ることが基本です。

 

カルシウムを多く含む食品を上げてみます。

牛乳、チーズやヨーグルトなどの乳製品。

めざし、イワシなどの小魚。

豆・豆製品。

チンゲンサイや小松菜などの緑黄色野菜。

ワカメや寒天など海藻類。

切り干し大根などの乾物類。

 

こういう食材を食べると良いそうです。

 

食事プラス、アスカの「フツール カルシウム」のセットで骨を丈夫にしたいです。

 

 

 

注:商品のレビューはお客様、美容ライターの個人の感想です。

>>>ご購入はこちら

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー